弊社の記帳代行への3つのこだわり

ワンストップで
丸ごと委託

社労士手続き、給与計算とセットに受託させていただくと、記帳代行料金が安くなります。
御社の管理部門業務をまるごと受託致しますので、経営者や社員は利益活動に専念できます。

翌月10まで経営レポート提示
(社長の右腕)

経営レポート(管理会計)を月末締めの翌月10日までに作成します。
御社の経営会議や店長会議に活用し、経営戦略を財務面から臨機応変に対応していただけます。

管理部門の省力化・業務改革サポート(記帳代行屋で終わらない)

経理記帳・給与計算・労務管理等をまるごと受託!
単なる「記帳代行屋」ではなく、経営レポートを必須とした財務コンサル面のサポートや管理部門の業務フロー改革のお手伝いを行います。

こんな企業におすすめ

■ 管理会計を推進して、経営判断を早くし、経営を良くしたい会社様
■ 経費精算の仕組みを簡素化し、社内の管理部門の業務フロー改革を行いたい会社様
■ 会社の財務・経理を効率化・省力化し、人件費等を圧縮したい会社様
■ 高齢化・人材不足時代に専門家にアウトソースし、財務面からの経営戦略立案のサポートを受けたい会社様
■ 管理会計を導入し、経営分析を行い会社を利益体質に改善したい会社様

弊社がなぜ今、「経理記帳代行」に進出するのか?

MFクラウド会計の特徴とお客様のメリット

■お客様メリット

1.納期短縮!
   月次試算表が従来より、約0.5ヶ月早く、チェックできるようになります。

2.管理部門コストの大幅削減!
   経理仕訳コストが大幅に削減できます。

3.経営サポート(社長の右腕)!
   管理会計の「部門別損益経営レポート」を弊社オリジナルで作成するので、
   部門間の損益を経営指標の推移データを元に、経営者は経営判断を瞬時に行えるようになります。

※「部門別損益経営レポート」のイメージはこちら

※「部門別月次損益推移レポート」のイメージはこちら

4.経費精算の効率化!
   経費精算の業務フローを見直し、現金処理を無くすことで、効率化・生産性が向上します。

■MFクラウド会計の特徴

https://biz.moneyforward.com/feature

1.さまざまなサービスとの連携で、データ入力の手間を大幅に削減できます。

  • 銀行の通帳の明細をデータ上で連携できるため、通帳のコピー等は不要となります。完全にペーパーレスです。
  • アスクルやamazonといったネット通販とのデータ連携が可能です。
  • 個人や法人のカード決済情報もデータで連動できます。
  • 現金清算を社内から無くすことができます。
  • POSレジや勤怠システムからの連携もできます。

2.人工知能・機械学習(AI)で、使うほど学習、賢く便利になります。

  • 最初の仕訳をAIが覚えていて、次月から同じような勘定科目、仕訳を切ることができます。
  • 手を加えることで、学習し、仕訳の自動化の精度がものすごく向上します。

3.クラウドの特徴を活かし、いつでもどこでも、複数拠点・複数人でも使えます。

  • 外出中、自宅、勤務先、クライアント先、銀行等からでも参照できます。
  • 財務会計の月次試算表を従来よりかなりスピィーディに見ることができます。

MFクラウド会計の特徴とお客様のメリット

■お客様メリット

1.納期短縮!
月次試算表が従来より、約0.5ヶ月早く、チェックできるようになります。

2.管理部門コストの大幅削減!
経理仕訳コストが大幅に削減できます。

3.経営サポート(社長の右腕)!
管理会計の「部門別損益経営レポート」を弊社オリジナルで作成するので、
部門間の損益を経営指標の推移データを元に、経営者は経営判断を瞬時に行えるようになります。

※「部門別損益経営レポート」のイメージはこちら

※「部門別月次損益推移レポート」のイメージはこちら

4.経費精算の効率化!
経費精算の業務フローを見直し、現金処理を無くすことで、効率化・生産性が向上します。

■MFクラウド会計の特徴

https://biz.moneyforward.com/feature

1.さまざまなサービスとの連携で、データ入力の手間を大幅に削減できます。

  • 銀行の通帳の明細をデータ上で連携できるため、通帳のコピー等は不要となります。完全にペーパーレスです。
  • アスクルやamazonといったネット通販とのデータ連携が可能です。
  • 個人や法人のカード決済情報もデータで連動できます。
  • 現金清算を社内から無くすことができます。
  • POSレジや勤怠システムからの連携もできます。

2.人工知能・機械学習(AI)で、使うほど学習、賢く便利になります。

  • 最初の仕訳をAIが覚えていて、次月から同じような勘定科目、仕訳を切ることができます。
  • 手を加えることで、学習し、仕訳の自動化の精度がものすごく向上します。

3.クラウドの特徴を活かし、いつでもどこでも、複数拠点・複数人でも使えます。

  • 外出中、自宅、勤務先、クライアント先、銀行等からでも参照できます。
  • 財務会計の月次試算表を従来よりかなりスピィーディに見ることができます。