クラウド会計と今までの会計の発想の違い

クラウド会計と今までの会計の発想の違い

今までの会計は、なんていうか「厳正で難し
いな仕事」という定義の元、税理士さんが推奨
する会計ソフトを経理担当者のパソコンにイン
ストロールし、スタンドアローン形式で使って
いました。そのような企業はコロナ禍でも経理
担当者は在宅に切り替えられずに、出社を余儀
なくされるわけです。

クラウド会計は発想が180度異なります。
会計って「仕訳を簡単に!経営者は数字を!」
て感じのスタンスです。経理仕訳や税務申告に
重点を置くのではなく、経営者の意思決定の判
断ツールとしての機能をクローズアップさせた
といても過言ではないです。

この意味を理解した経営者の会社は加速度的に
成長すると思います。気づかない会社は、従来
型の決算対応の財務諸表で終わります。

2020-12ー23
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です