クラウド会計に移行する意味、社長は理解されていますか?

クラウド会計に移行する意味、社長は理解されていますか?

クラウド会計へ移行する意味は大きいと私個人
は思います。

1.モバイル性(どこでも見れる)
2.仕訳の負荷軽減(コスト削減)
3.口座連携(銀行口座、カード口座、アスクル等)
あらゆるものをクラウド上でデータ連動可能

まさしく、中小企業経営者のための経理ツール
なのですが、それを経営者自身が理解できてい
ないため、強く社内に推進できないのが現状です。

クラウド会計を導入し、社内のDX化を進めて
行きましょう!

2020-12ー25
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です