今風の中小企業経営スタイル【妄想】

今風の中小企業経営スタイル

経営者が朝起きて、昨日の売上情報を「クラウド会計」でチェック
する。その後、朝飯を食って、自宅のパソコンからリモートで
会社のサーバにログインし、業務を開始する。
社員から決裁事項の案件が複数でており、次から次へと決済と
否決に仕分けていく。差し戻す際に、ねぎらいと「コメント」
を忘れない。それと、大まかな指示を社員に行っておく。
報告はチャットワーク等の仕組みで適宜上がってくるのを見る
だけだ。

ほぼ午前中で仕事は終わり、あとは青い海を見ながら読書や
将来のことについて考える。

なんて妄想が、出来る経営者って感じですよね。
ビジネスオーナーになることで、仕事は部下に任せて、経営者は
重要な意思決定と、会社の方向付けだけやればよいのです。

さて、コロナウイルス騒ぎで、この究極の経営スタイルが定着
するか、見ものです。

その大前提は、売上や収益を日々、クラウドで見ることができる
仕組みが必須ってことです。
それには、MFクライド会計等のクラウド型会計システムに連動
させておくことが必要となります。

経営者は、ハワイや沖縄などのリゾートにいても、全く支障なく
会社運営ができることになります。

2020-03-24

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です