経理記帳とは正しく仕訳を行う仕事

経理記帳とは正しく仕訳を行う仕事

経理記帳を行う人は、簿記の知識は必要です。貸方、借り方
ということばが出て来るからです。必ず仕訳は右と左がバラ
ンスします。相手科目があるってことです。

PL(損益科目)とBS(貸借対照表科目)の意味や使い方を
理解していないとできません。

しかし、それだけではダメなんです。

経理記帳で出来上がった財務諸表(BSとPL)を読み解く
力が必要です。

この力は、失礼ですが、経理記帳担当者には「備わって
いない」ケースがほとんどです。彼らは作業者に徹している
からです。

本来、中小企業経営者が委託する経理記帳って、
出来上がった数字を読み解き、フィードバックしてくれる
担当者ではないでしょうか?

そんな貴重な人、中小企業の社内にいれば儲けものですが、
ほぼいません。

だったら、弊社のような管理会計の経営分析レポートを
還元すると明言している記帳代行会社に頼めばよいのでは!
って普通に思うのですが、、、。

2020-06-30

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です