経理マン(ウーマン)をクラウド会計で在宅化させると外販できる?

経理マン(ウーマン)をクラウド会計で在宅化させると外販できる?

ある企業が、MFクラウド会計等で経理システムを動かして
いて、そのスキルレベルを向上させたとします。

そのスキル、「外販(外に売れる)」できませんか?
記帳代行のプロを社内に育成し、クラウド会計に出遅れ感満載
の中小企業の経理を丸っとアウトソーシングできれば、
その中小企業の「収益を生まないはずの管理部門」が他の企業
の経理代行を行うことで(外販することで)、収益を生む企業
に変貌できます。

こういったことなんですよね。
コロナにうだうだ文句言っている暇があれば、
1円でも外販等で売り上げや収益を上げる方法が無いかを
経営者も社員も必死で考えることが大事です。

そんな会社だけが生き延びれる社会となってきました。
だから、まずは自社で「MFクラウド会計」を導入して、
切り替えてみることからスタートしましょう!

2020-07-15

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です