経理記帳代行の前提は「当たり前に月次決算」

経理記帳代行の前提は「当たり前に月次決算」

弊社が最初に記帳代行を請け負った企業は、
数店舗を保有するため、店舗別の損益や月次
で経営会議を行なう為に月次決算が当然とい
う前提で請け負いました。

しかし、世の中の中小企業企業のほとんどは
「年次」で動いているような・・・
良くて3か月の月次試算表ですかね。

その目的は、ほぼ90%が税金対策です。

そんなんで良いのか?って思うのですがそれ
ほど、月次で試算表を出して、経営判断する
ってことが、複数店舗や複数事業を持ってい
ないと、ニーズが無いのだと思います。

しかし、管理会計で月次の推移を蓄積しなが
ら、投資等の判断に役立てる時代だと思いま
す。そのためのクラウド化ですから。

2020-12ー02
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です