経営者は管理部門の業務を概要だけでも知っておくべき

経営者は管理部門の業務を概要だけでも知っておくべき

技術系の社長、営業系の社長は、そのスキル
がずば抜けていた場合、会社は創業時から急
成長することがあります。社員人数も増えて
管理部門の業務が回らなくなります。そこで
スタッフを1名、2名と雇用するのですが、
そこで経営者が管理部門の業務(例えば、
経理の仕事、給与計算の仕事、請求書発行の
仕事、税金等の振込の仕事、入社退社の手続
きの仕事など)を理解していない場合、結構
厳しくかつ冷たく対応することがあります。
「なんでこんなに時間かかるの?」的な言葉
を浴びせて、管理部門の担当者を追い込みます。

結果、どうなるか?

担当者がどんどん辞めていきます。
また採用しますが、同じことを繰り返します。

中小企業の経営者は、経理や給与計算の大変さ
を身をもって3か月~6か月程度、経験する機会
を持った方が良いです。そうしないと、一生
管理部門のスタッフの気持ちはわからないです。

事務をなめてはいけません。簡単そうに見えま
すが、そう単純なものではないです。

2020-12ー01
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です