経理記帳は会社の数字の源泉

経理記帳は会社の数字の源泉

会社の数字は、一件一件の取引記録の結果で
す。領収書や請求書、口座振替履歴を仕訳に
いれ、それを損益計算書や貸借対照表という
形で表現します。この数字をもとに、経営者
が「1か月」「1年」に活動してきた結果が
出ます。

貸借対照表には、「お金の使い道」が結果と
して現れます。借入して工場新設等すれば、
借入金が多くなり、土地等の資産が増えます。
しかし、借入金が増えても、資産が増えない
会社もあります。運転資金で消えていくパタ
ーンです。この手の会社は経営に問題がある
か、コスト高と言えます。

損益計算書は、「儲け」を表します。
それこそ、営業利益が赤字の会社は、経営者
の手腕の稚拙さなのか、一時的なものなのか?
環境が悪いのか?事業が消費者にマッチして
いないのか?等々考え直す必要があります。

年次ではもう遅い時代です。
クラウド会計を導入し、「月次」で数字を把握
する仕組みを経営者は整えるべきです。

MFクラウド会計に移行し、弊社に記帳代行を
委託していただければ、部門別の月次試算表の
作成から管理会計帳票のフィードバックまで、
「経営者の目線で会計サポート」することが
可能です。

2020-12ー15
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です