利益を出して内部留保することが経営者の仕事

利益を出して内部留保することが経営者の仕事

借入の多い会社があります。当たり前なのですが、
借入金の元金返済額は損益計算書には出てきません。

一旦、借金をした会社は、元金返済は損益計算書の
税引き後利益からしか支払うことが出来ないのです。

それなのに、ダメな経営者はちょっと営業利益が
多く出た時に、「税金払いたくない」とか言って、
不要なモノを買ったり、簿外に生命保険等に使って
しまいます。

これだけは覚えておいてください。

【税引き後の利益<年間の借入金の返済額】

だと、会社の資金繰りは回っていないことになり
ます。内部留保し、適正な税金を支払うことに
経営者は専念すべきです。

それが結果、日本国を救うことになります。

2020-12ー17
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です