月次試算表を見ない中小企業経営者がとても多い

月次試算表を見ない中小企業経営者がとても多い

私も創業当時は見ていませんでした。そもそ
も、見方がわからないということと、どんぶ
り勘定でやつけで経営をしているのできちん
と仕訳を毎月整えることが出来ていない会社
が多いのではないでしょうか?

それは、年一回「決算」をする必要があり、
そのために、年一回の祭り作業と化して、領
収書等を慌てて仕訳する。

ひとりで経営されている会社の場合、大方の
損益を社長が把握しているので、OKって感じ
でしょうかね。

しかし、経営戦略的には毎月、月次試算表を
きちんと出して、見ていった方が勉強にもな
るし、経費の比率や利益率がわかり、意思決
定を論理的に判断できるようになります。

毎月の月次試算表を出すようにしましょう。
その場合、クラウド会計が便利です。
いつでもどこからでも自社の月次試算表が見
れます。

2021-01ー19
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です