経理仕訳と税理士との関係性

経理仕訳と税理士との関係性

弊社の場合、経理事務代行を会社の担当者の
代行業と位置付けています。毎月の仕訳を入
れて月次試算表を出すところまでやります。
仕訳でわからない部分は顧問税理士さんに聞
きながら仕訳を入れていきます。経営者の経
営支援としての管理会計帳票のフィードバッ
クも行う場合があります。

本来、記帳も税理士事務所にやっていただけ
れば、ベストだと思うのですが、税理士事務
所が記帳と月次チェックを行ってもらうと、
それなりの金額になります。それと、税理士
事務所はただでさえ忙しいので、記帳代行を
請け負うと回らなくなるという事情もある様
です。それなら、弊社が経理の仕訳だけ担当
し、税務チェック、仕訳チェック、仕訳修正
等は税理士に行っていただくすみ分けた役割
分担をしています。

担当者の代わりに弊社が経理仕訳を行ってい
るって感じです。担当者の急な退職等になっ
ても、問題なく経理業務を回すためには、
アウトソース∔クラウド化がベターだと思い
ます。

2021-01ー27
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です