経理記帳ソフト(クラウド版)の目指すところ

経理記帳ソフト(クラウド版)の目指すところ

統合パッケージ、いわゆるERPといわれると
ころを、MFクラウド会計やFreeeは狙ってい
ます。スタンドアローン型の会計ソフトは「
経理や会計の分野」と市場を限定していまし
たが、クラウド対応の経理ソフトはの狙いは
「会社のバックオフィス業務を一元的に管理
できる統合型ソフトへの進化」であり、その
分野のソフトをすべて駆逐していくことだと
思います。

そうなんです。
中小企業の経営者の目線で経理ソフトを考え
た結果なのです。経営者は経理ソフトは「A社
の製品」、人事労務は「B社の製品」、「経費
精算はC社」、「勤怠管理はD社」というのは
面倒でデータの相互互換性が悪い。企業経営
にとって、データの互換性が悪く全社で共有
出来ない点が最大のデメリットなんです。これ
にソフト会社は気づいていなかったということ
でしょうね。

クラウド型の系系ソフトメーカーは、経営者の
効率化、生産性に寄与するように訴求し、バッ
クオフィスのすべての機能を網羅して中小企業
のオセロゲームに勝ち進んでいます。

2021-02ー03
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です