既存の経理ソフトメーカーがクラウド化するには敷居が高いか?

既存の経理ソフトメーカーがクラウド化するには敷居が高いか?

従来型の経理ソフトメーカーは、スタンドア
ローン型(PCにインストロールするタイプ)
のソフトで食ってきたので、クラウド化の仕
組み構築するのが大変のようですね。

今から発想を変えてシステム構築を行うとな
ると膨大なシステム投資コストがかかること
になり、経営判断がGOサイン出ないのでしょ
うね。だから、最初から統合型の仕組み構築
を狙って「クラウドありき」のMFクラウドや
Freeeなどのメーカーには太刀打ちできない。

ほんの2年前までは「経理ソフト」の選定だ
ったものが、今ではバックオフィス業の改革
を視野に入れた「統合型ソフト」の選定の時
代に突入しています。

先見性のある経営者は、ほぼクラウド化のソ
フトを選定していくことでしょう。

2021-02ー15
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です