店舗別の損益を出せるように仕訳して行きましょう

店舗別の損益を出せるように仕訳して行きましょう

仮に、3店舗あったとしましょう。
経理仕訳で、「部門別の損益を出す」という
経営感覚の意識が無いと、経費等を本社一本
で仕訳をいれてしまいます。そうすると、会
社としては黒字だが、どの店舗が黒字でどの
店舗が赤字なのか、全くわからなくなります。

複数店舗、複数事業部を持っている企業は、
部門別損益を月次単位で出せる仕組みを構築
してください。

MFクラウドなら、経費を部門ごとの売上比率
等で自動的に按分する機能があります。
たとえば、広告宣伝費を100万円使った場
合、本店60 A店30 B店10に請求書か
ら3つの仕訳が必要ですが、MFクラウド会計
では売上比率を指定すると、店舗別に自動的
に、広告宣伝費の経費を60、30、10と
振り分けてくれます。

他のソフトでも良いです。振り分け機能がある
かどうか確認してから購入をご検討ください。

2021-02ー13
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
【お問合せ】
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です