【MFクラウド会計】専科です。他の経理ソフトはいたしません。

【MFクラウド会計】専科です。他の経理ソフトはいたしません。

弊社の記帳代行は、「経理記帳屋」ではないのです。
だから、色々な経理ソフトに記帳仕訳を登録するだけじゃ
ないのです。

弊社の考え方

(1)中小企業の経営を向上させるために経理記帳が存在する
(2)税務申告は税理士にまかせる
(3)月次試算表を「毎月月初10日目処」経営戦略の意思決定や
戦略変更に役立つ「財務資料」を作成する
それが弊社の「記帳代行」を行う理由です。
(4)中小企業経営に財務的視点(経営指標にて分析する視点)
があまりにも不足していると痛感しています。
だから、税理士さんが行う記帳と月次決算は、「税務申告」
のための資料なので、過去会計です。経営者の戦略意思決定
にはあまり使えない資料なんです。
国税局のための資料なんです。
(5)経理記帳事務負担をmfクラウド会計にすると1/5に減らせます。
そうすると、弊社へのアウトソーシング料金も減り、経営指標
も手に入り、管理部門の人材を収益部門へ再配置できます。

中小企業経営者は、つねに「収益」を念頭にれて、色々なオプション
の選択肢を使うべきです。

経理記帳=税理士ではないです。
その固定概念を払拭しないかぎり、中小企業が経営的に収益向上させて
いくことは難しいと考えています。

だから、今すぐ、会計ソフト「MFクラウド会計」に移管し、
どこからでも経営数値を見れる状況を作りましょう。
意思決定がとても楽に、かつ、早くなりますよ。

==================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です