管理会計って難しい言葉ですが、要するに経営指標の推移資料です。

管理会計って難しい言葉ですが、要するに経営指標
の推移資料です。

会計や財務の専門家からすると、「違う」って
言われそうですが、私は中小企業診断士的な立場から
いうと、「管理会計」とはと問われたら、
「経営者が財務的視点から経営戦略の立案や変更を
行うための大まかな財務数値等からなる経営指標の
推移資料」

わかりにくいですかね。

要するに、例えばですが
「1月末で経理を締めて、翌月2月の10日までに
1月の会社の元気度(P/L)と健全度(B/S)を把握資料
(月次試算表)を出し、経営会議、役員会議や店長会議等
にはかり、全社で会社が進むべき方向に早く意思決定が
できる経営サポート資料」のことなのです。

管理会計って、でたらめ数値はだめですが、
残務会計(決算書等の数値資料)のような1年単位で
精緻な数値情報は不要なんです。このアプローチを中小
企業経営者に対して行っている税理士さんはほぼほぼ
いないと思います。

理由は簡単、「面倒でそんな時間が取れない」からです。

弊社はその手が届かない個所をとんがって、
やろうとしています。中小企業経営者の財務戦略ブレ
インになるべく精進していきます。

弊社が記帳代行を通じてやりたいことはこれです。
中小企業の活性化、組織活性化のご支援なんです。
過去の財務の良し悪しは過去会計です。管理会計は
未来会計と言われています。その意味は、
数値から将来の戦略の意思決定を行うツールだからです。

経営の必須アイテムなんですがね。それをやっていない
中小企業が多すぎる。これをなとかしたい。

2020-01-24

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です