経理記帳に携わる人の関心ごと

経理記帳に携わる人の関心ごと

①経理担当者
当たり前ですが、仕訳を漏れなく経理ソフトに登録すること。
節税とか、管理会計で経営判断資料を出す等の興味・関心が
無い人が大半です。生活のため・生きていくために働く道具
として経理を行っている。(言葉悪いですが)

②税理士さん
月次試算表のレポート作成、経営者への提案、税務決算処理
など、税理士の「税」があるように、仕訳登録で正しく消費税
や資産税等が仕訳けられているかを最終確認し、決算業務を
行い、企業に正しく納税させること。

③経営者
これも当たり前なのですが、
会社を安定的に発展させるために、経営をどうかじ取るのか?
等の意思決定を行うこと。そのために、財務戦略、人事戦略を
駆使しながら、投資という発想のもと、経営を発展させる。

ここなんです。大半の中中小企業に欠落しているのが。
経営判断を行うための「経理記帳」なんですよ。

そこ理解している経営者なら、税理士の質、経理単t聾者の質、
もっとこだわって良いのではないかと思うのですが、、、

2020-06-24

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です