店舗別の月次損益計算が必要な業種・業態

店舗別の月次損益計算が必要な業種・業態

・多店舗(最低でも3店舗)を運営している会社
・アルバイトをたくさん雇用している会社
・人の出入りが激しい会社
・広告宣伝費が高い会社

これで行くと、
「飲食業」「小売業」「エステや整体等」に絞られます。
この手の会社は店舗運営を「店長」という人に運営を
任せます。その運営成績の結果が財務諸表になって現れます。

経営者がやらないといけないのは、

「店長」に経営の財務数値の見方を教えること
その為に、店舗別の損益(月次試算表)を、月初すぐに
出す必要があるのです。

多店舗化している中小企業って、店長をリーダーに育て
あげることができるかどうかで、勝負は決まります。

その店長教育資料を作るお手伝いを弊社はやっています。
ぜひ、お問合せを!

2020-07-09

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です