記帳代行ビジネスの将来性

記帳代行ビジネスの将来性

将来性はそれほどないと思っています。
弊社の目的は、財務諸表を見るためです。それに
より、経営者に「数字からの経営」を実践して欲しい
という思いがあります。

どんな会社でも、「利益」があります。
黒字か赤字かの違いはありますが、、

経営って、事業を通じて利益を出し、その利益を
誰に配分するか?という投資の意志決定を行うこと
だと思っています。

利益を社員に給与や賞与で還元することで、組織は
一体感を生み、組織が強くなります。

また、新規事業に投資することで、新たな収益の芽を
開拓することができます。

わざと赤字にしていれば、先は無いです。
黒字経営にするためには、月次の試算表をまじまじと
眺め、経営戦略の転換や変更、意思決定を毎月実践
することが大事です。

その為の管理会計資料の支援を行いたくて、
弊社は経理記帳代行ビジネスに進出するわけです。

2020-08-04

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です