経理仕訳にはルール(癖)があります。

経理仕訳にはルール(癖)があります。

経理仕訳は、経費関係の勘定科目の場合、支払手数料なのか
雑費なのか、委託料なのか等々、色々な勘定科目があります
が、「個人的には」ほぼ説明がつく限りなんでも良いと思っ
ています。

経営者が、「この事案で使った経費」は「○○費」って明確に
経理担当者に伝えておけば、最終的に補助科目別に、月次推移
でどれくらいその経費を使ったかを分析できり資料が出せれば
OKだと思っています。

仕訳って、税務上の違反が無ければ、どんな仕訳しても良い
のだと思っていますが、結構固い税理士さんにあたると、
仕訳の厳正化を求められます。

会社によって、ルールというか、クセがあって良いものだと
思います。

なんか間違っていますかね。

2020-08-11

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です