何のための経理記帳なのか?を社長は真剣に考えるべき

何のための経理記帳なのか?を社長は真剣に考えるべき

御社の経理記帳を「何のためにやっているのか」が明確に
なっていない経営者の方がいたとして、それは今日、
しっかり認識していただければと思います。

■決算(確定申告)に必要

という目的だけなら、今のままで何ら問題ないです。
あとは、経理記帳と税理士さんに支払う顧問料のバランス
を経営的に取っていれば、問題ないかと。

しかし、目的が
■経営を良くしたい
■財務数値から経営の事業計画をコントロールしたい
等の戦略的な発想を持っているのであれば、
今の経理記帳や決算の「やり方」「仕組み」を180度
見直し、変えた方が良いと思います。

経営は毎月、もっと言えば、毎週、もっと言えば、日々
の損益的な発想と、キャッシュフローの推移を予測しな
がら戦略を立てて、「意思決定」する行為です。

意思決定する元の資料が「勘」で行うか、
過去からの経営数値の推移の「客観的資料」を見ながら
行うかで、大きく差が出ると思います。

この経営数値の推移の「客観的資料」を瞬時に出すため
には会計ソフトをクラウド化しすることが必須となります。

2020-08-17

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です