経理記帳はクラウドで自動化の時代ですよ

経理記帳はクラウドで自動化の時代ですよ

クラウド会計を進める理由は、過去のブログで何度も
書きました。単に、経理数値を会社で紙をめくって
ゆっくり見たい経営者は、今まで通り、クラウド会計
ではないスタンドアローン会計ソフトで十分です。

ようするに、経営者が財務数値に「何を求めているか」
ですね。財務数値って、売上が毎日更新された方が
経営者にとって良くないですか?
そんな仕組みが今現在、出来ているならなんら問題
ないです。

出来ていない場合、経営者が問題意識を持ってほしい
のですね。記帳仕訳って、会社の成績表を作るベース
の作業です。

経理担当者の目標は財務諸表という「成績表」を作成
するところまでです。極論ですが、税理士さんも正しく
税務処理ができている試算表や決算書を作成すること
が目標です。

しかし、経営者は違いますよね。
ここに気付いてください。

出来上がった財務数値を、経営指標等の指標に置き替
えて、自社の財務状況がどのような推移をしてきている
のかを「分析し対策をとる」=「戦略立案や転換」
なのです。

経営者が戦略転換や投資決定する際の最も参考になる
数字が、この管理会計(経営指標等の指標を見やす形に
した意思決定資料)なんです。

管理会計を指南してくれる外部ブレーンをぜひ確保して
欲しいものです。

2020-09-18
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です