経理は誰がやっても良い仕事だが・・

経理は誰がやっても良い仕事だが・・

経理は社員がやっても、パートがやっても、経営者がやっても
外注業者がやっても、だれがやっても良いです。
ほぼ90%の中小企業の目的は、財務会計のため。
つまり、税務申告のため、銀行への提出のため、なんです。
この呪縛から解き放たれない中小企業は多いですね。

もっと、管理会計の視点(経営的に、どの部門が黒字で、
どの部門が赤字で、どの事業が成長性が出ていて、どの事業が
衰退期に入っているか)などの経営判断に使う数値指標を
早悪見たいがための「経理記帳」だと理解した瞬間、
経営者の行動が変わるはずなんですが。

当然、会計ソフトはクラウド会計になるでしょう。
そして、税理士さん役割も、月次仕訳のスピーディなチェック
になります。決算期に慌てふためくことなく、決算仕訳を
入れれば納税ができる体制が整えばよいですよね。
それに、「利益出そうだからどうします?」みたいな会話を
しなくてよくなります。月次で試算表を経営者が眺めていれば
どれくらい利益がでるか日々予測がつきます。

経理を会計と読み直し、仕訳していこうよ。
財務会計は当然大事ですが、それよりも、敬絵者の判断指標
としてPL/BSを使いこなしましょう。

2020-03-19

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です