記帳代行の事務の未来

記帳代行の事務の未来

経理記帳は会社がなくならない限り、発生する事務です。
どんどんクラウド型の会計システムに移行されていく
流れは止められないと思います。やはり、中小企業経営者
のニーズがあるってことです。高いソフトウエアを使って
も、経営者にはメリットはそれほど多くない。むしろ、
税理士さんの得意な会計ソフトに企業を巻き込んでいる
ような気がします。自分の土俵に持ち込むこと。

弊社が思うに、
これからの中小企業経営者像って、
スマホやIPAD,ノートPCで、銀行窓口、出先、サテ
ライトオフィス、自宅等から、自社の財務内容を瞬時に
参照し、意思決定している姿ではないでしょうか?

だからクラウド型の会計ソフトが必要なです。
MFクラウド会計でもFreeeでも何でも良いです。
クラウド型で、通帳の口座連携が取れるソフトであれば。

数字は正直です。
ダメな使い方をすると、成果が出ません。良いお金の使い
方をすると、会社の成績が上がります。しかし、従来型
の会計ソフトではその瞬時性が出ないので、意思決定が
後手後手に回ってしまいます。

それでは中小企業、中小企業経営者の未来は無いです。

2020-09-10
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です