管理会計を知らない中小企業経営者

管理会計を知らない中小企業経営者

税理士が行っている月次試算表は、過去の領収書等をつかって、
正しい財務諸表を作成することです。これを「財務会計」と
言います。

これとは別に、財務数値を経営の意思決定に反映させるために
経営指標や簡易数値を使って、経営会議や店長会議、戦略立案
や設備投資等の判断に使う資料を「管理会計」と言います。

ざっくりな表現で、専門家の人から言わせると「意味が違う」
と怒られそうですが、言いたい事は、

中小企業経営者は、この管理会計をほぼ全くやっていないこと
です。前月末までの仕訳結果と経費予測を登録して、
売上比率や成長性、安全性等の経営指標を常に見ながら
経営の舵取りを行うことの重要性は計り知れません。

特に、店舗や事業部が別れている場合は必須です。

この「管理会計」を提案してくれる税理士さんを選びましょう!
そんな税理が周りにいないなら、弊社がサポートさせていただきます。

2019-11-22

==================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です