若い経営者はクラウド会計に違和感が無い

若い経営者はクラウド会計に違和感が無い

若い経営者は、スマホ世代というか、紙を出して
何かをするというよりは、スマホ等で電子上で
登録やチェック、決済を行う世代と言えます。

そんな世代が「領収書の紙」「請求書の紙」などを
要求することは時代遅れじゃないかと私は思うのです。
近い将来、領収書等も電子上においておけば、紙出力
が不要という時代が来ます。(決定事項)

財務諸表も経営者が、いつでも、どこからでも、自社の
月次試算表や月別の損益推移を見られる環境を構築
したいと思うことが「常識」であり、それを実現する
ためには、最低でも会計ソフトは「クラウド型」じゃ
ないとうまくいきません。

それと、それをサポートする税理士さんの存在はとても
大きいと言えます。毎日試算表をチェックする臨機応変さ
と俊敏さが求められます。

紙にこだわり、1ヶ月遅れの試算表をクライアントに
平然と出し続ける税理士は、若い経営者のニーズを取り
こぼし、やがて市場から消えていく気がします。

税理士さんがクラウド会計に行動改革をしたら、
ものすごい伸びると、社労士的には思います。

弊社はその一部(記帳代行)をMFクラウド会計で
広めていく所存です。

2019-11-26

==================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です