店舗別収益管理の難しさ

店舗別収益管理の難しさ

店舗別の収益管理を最も嫌がるのは誰でしょうか?
これは何となくですが、「税理士」だと思います。
彼らは財務諸表(PL/BS)を作成するスペシャリスト
として、経営者から認められています。

当然、店舗を複数持っている企業、事業部門を複数持っている
企業などは、会社で一つの収益管理では、
「どこの部署で儲かっていて」「どの部門で赤字なのか?」
が細かくわからないわけです。経営者の肌感覚でざっくり
「あの店舗とあの店舗はおそらく赤字だろうな」と
わかるのですが、それでは経営者心理として、不安だらけ
なんですよね。

それを記帳代行で部門別に経費を按分する作業がとても
大変なんです。請求書にしても、部門別に別れていないため
これは「人間のが仕訳」を入れていくことになります。

こんな作業、税理士さんが好んでやりません。
私だってやりません。

そのだれもやりたがらない部門別の経費を記帳する役割を
弊社がやろうってわけです。

店舗別収益管理の難しさは、そこにたどり着くまでの膨大な
時間と手間を「誰が吸収するか?」が永遠の課題だと言えます。

しかし、令和の時代、「店舗別収益管理」を管理会計で
さくっとやれないと、先はないでしょうね。

2019-12-17

==================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です