記帳代行は紙ではなく電子のクラウド会計へ移行すべき

記帳代行は紙ではなく電子のクラウド会計へ移行すべき

うまく表現できないですが、
記帳って決算を行う上で重要な作業となります。
勘定科目や税率等がとてもややこしく、税理士
に確認しながらでないと、正しい決算ができません。

それくらい記帳って大事なんです。
しかし、それ以上に経営戦略の意思決定ツールに
なるってことを経営者はもう一度、再認識して
ほしところです。

意思決定にかかわる大事な数値なんです。
それを紙ベースで税理士さんに送って、そこから
記帳して、月次試算表を作成し、やっと出てくるのが
翌々月の中頃って話、とても多いですよね。

これじゃ意思決定ツールではない。

クラウドで経費等を瞬時に仕訳し、どこからでも
ログインして、月次試算表を見れる状況を作り、
日々会計を実践していけば、意思決定ツールに
なりえます。

この発想の転換を中小企業経営者にぜひ行って
欲しいと切に願います。

経理記帳は「決算のため」はもう昔の話。
経営のかじ取りの意思決定ツールなんです。

2020-02-03

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です