「経理記帳」の位置づけをどうするか、経営者の考え方次第

「経理記帳」の位置づけをどうするか、経営者の考え方次第

経営者って、財務数値をあまり気にしない人がいます。
その方は「経理記帳」は単なる作業と位置づけ、経営戦略上
重要視しないことでしょう!税理士に月次資産表を任せきり、
節税に勤しむことでしょう!

方や、「経理記帳」を経営財務数値の予測ツールだと認識
している経営者は、毎月に月次試算表を早く仕上げるという
重要な作業と位置づけ、そこにかなりのパワーと経営資源を
投入し、経営判断を月の早い段階で行えるように仕組みを
つくるはずです。

後者が、弊社が目指すべき「経理記帳」の姿です。

だから、単なる記帳代行をご依頼したい中小企業様は、
いわゆる「記帳代行屋」か、決算をしてくれている税理士
に依頼した方が良いと思います。

弊社の立ち位置は、経営者の影武者、右腕なので、
管理会計で経営数値を分析しながら、売上や利益の最大化
や人件費等の経費コントロールをアドバイスしていきます。

2020-02-27

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です