クラウド会計がやっと認知され始めたか?

クラウド会計がやっと認知され始めたか?

コロナ時代に突入し、
「経理の人は会社に出社し、パソコンにインストールした
スタンドアロンの会計ソフトに紙の伝票や請求書を仕訳
登録するという仕事のあほらしさ」

に気付き、MFクライド会計やfreeeg等のクラウド会計に
移行する中小企業も多くなったのではないでしょうか?

そうなると、その人材、必要ですか?

って問いかけです。
経理専門等の人材を雇用する経営者の心理としては、
付随的に以下の作業もやってほしいと思っています。
■社長の秘書的な雑務処理
■備品発注等の総務的事務
■電話当番的な事務
■お客様が来社した際のお茶出し的事務

いかがですか?結構図星でしょう。

コロナ時代で在宅ワークができる環境になれば、
経理専門の人材、給与計算専門の人材、などが不要に
なります。

だから、今、アウトソーシングで経営をスリム化し、
その浮いた資金を本業に投資し、経営効率を上げていけば
良いかと思います。

弊社は
「経理記帳代行」
「給与計算」+「年末調整」
「入社退社の手続き代行」
の管理部門の業務をワンストップで請け負うことができます。

2020-06-18

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です