クラウド会計は別次元の経営スタイルになるはず

クラウド会計は別次元の経営スタイルになるはず

経営者は、つねに頭にPL(利益)とBS(主にキャッシュフロー)
を想定しながら、経営の意思決定を行っています。
それが経営者の仕事だからです。

ということは、
会計の数値が、経営者の頭の中の数値に遅延してでも、日々
追い付いてくるのが理想です。この意味わかりにくいですよね。
月次試算表が1か月遅れ、1.5カ月遅れではNGってことを
言いたいのです。

その為には、会計ソフトは通帳と連動したソフトであり、
いつでもどこでも瞬時に売り上げや利益状況、人件費等の
経費状況がリアルタイムで見れるソフトでなければなりません。

経営って、そんなもんだと思います。

経営者の頭のぼやっとした「裸案核の数値」を具体的数値に
いち早く置き替えて経営者に提示できるか!

弊社はその点を追求していきます。
単なる「記帳代行屋」ではないのです。

2020-06-19

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です