Withコロナ時代に合わせた会計スタイル

Withコロナ時代に合わせた会計スタイル

中小企業の経営者様

コロナ新時代にあった管理部門、特に、経理記帳や
月次試算表等のPL/BSの出力、経営サポート
資料の早期作成など、抜本的に変えていきませんか?

「月次決算を月末締めから10日以内で作成する」
という目標を掲げて経理や財務業務フローを見直して
みませんか?

今、中小企業での最大の課題は、
経理を行なう為に「担当者を雇用」していることです。
この発想をゼロクリアし、経理は外部業者に任せて
余剰人員は、売上・利益を上げる部門の集中配備すれば
会社はもっと経営効率が良くなるはずです。

その為には、経営者の頭の中をいったん空っぽに
していただき、担当者の顔を忘れて、
バックオフィスの業務フローを1から作成していく
いき、最終的に人を貼り付ける作業を行ってください。

最初から「この人」等の人ありきでは、
業務フローの改革や改善は望めません。

最終的に「社内人材」を据えるか、外部業者にアウトソース
するかは、経営者の意思決定となります。

2020-06-22

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です