経理と給与計算は同じようなものと何も知らない中小企業経営者は考える?

経理と給与計算は同じようなものと
何も知らない中小企業経営者は考える?

自分で経理や総務(給与計算や入退社事務、振込)等を
やったことが無い経営者(営業畑や技術畑の人)は、
経理と給与計算を1人の担当者にやらせようと考えます。

まあ、当然ですよね。それの方がコスト的に助かるから。
しかし、そんな人材、まあ、探せど「いない」のですよ。
経理の人って、簿記資格を持っていますが、給与計算の
知識がない。

おまけに、
絶対的納期が決まっている「給与計算」は怖くてやりた
くない。経理は、顧問税理士がついているので、少々仕訳
を間違っても税理士がチェックしてくれて、決算もほぼ
やってくれる。

その意味で、経理は給与計算よりもプレッシャーという
意味でとても楽です。納期もあって無いようなもの。

給与計算はミスってしまうと、社員から総スカンを食ら
います。

管理部門を内製化したいのなら、
給与計算がセミプロのようにできる人材をまず確保した
方が良いです。それで落ち着いてくれば、経理の仕訳を
税理士さん指導のもと、やってもらう。

それが面倒なら、弊社のような業者にアウトソースが良い
のじゃないですかね。

2020-07-22

=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です