経理のアウトソーシングは密なコミュニケーションで成り立つ仕事

経理のアウトソーシングは密なコミュニケーションで成り立つ仕事

会社の経理仕訳をアウトソーシングする仕事って、
お金の移動に関して、すべて記帳して行く必要が
あり、小口現金、口座振替、請求書、仕入等のす
べてのお金の移動を記録していく業務です。

これをアウトソースする場合、密なコミュニケー
ション無くして成立しない。それは先方の担当者
のレスポンス次第ということになります。

こちらからの情報の提出依頼と先方のレスにより
月次試算表の作成の時期に大きな影響を与えるこ
とになります。

だから、会社から小口現金を無くし、経費を立替
処理し、すべて通帳につくように業務改革を行っ
てくれれば、経理のクラウド化、スマート化が進
み、仕訳も簡単になり、本来経営者が求める月次
資産表もさくっと出力できるようになるわけです。

結局、現業を変える知恵・勇気が経営者にないと、
業務改革は一向に進まない。

お問い合わせはこちら
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp/contact/

2020-10-21
=================================
東京中央経理記帳代行センター
https://www.tokyo-chuo-keiri.jp
千代田区五番町5-6 ビラカーサ五番町409
info@re-p.co.jp
電話 03-3556-6501 FAX 03-3556-6541
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です